店長日記

232

木造艇を作られる SANOMAGIC 佐野末四郎さん に 当店のピエール クランプの感想を伺いました。
前回のご感想の続きです。

------------------------------------------------------------------------ 

幅剥ぎや箱モノの接着には申し分ないと思います。
何故すぐれているかというと胴が太く変形が極めて少ないため締め付けたときのアームとピストン面のの平衡が、保たれ
接着のさい接着剤の粘性によるずれが大変少なく済みます。
このように胴を強靭にしてしまうと衝撃があった時胴がたわまないためクランプが外れてしまいますが、このメーカーのクランプは、
衝撃があっても外れませんしねじが緩む割合も大変少なくどこで衝撃を吸収しているのか不思議に思います。
この点が今までのフラットバータイプのクランプと全く違うところです重いのは欠点ですが、そのおかげでこれだけの性能が出ているのでしょう。


----------------------------------------------------------------------------

佐野さんが仰っておられるように、ピエールクランプは、ベッセイが出てくる前のフラットバータイプに似ているのですが、似ていて非なるもの、性能においては、ベッセイを上回るものと前回の感想でも評価を頂きました。

無骨だけど(デザインにおいて)、確かさがある そんなクランプなのでしょう。ピエールクランプをお買い上げ頂いたお客様は、次にもお買い上げ頂くことが多いです。そんな味があり、そして驚くべき価格(低価格!)が売りです。

前回の店長日記から相当期間が経ってしまいましたが、その後佐野さんから2度にわたって、ピエールクランプをお買い上げ頂きました。そのときの佐野さんのご感想を紹介させて頂きます。

「全体的にガタが少なくなかなかよくできています 本当のプロ仕様だと思います。」と商品が届いたときの最初の印象のコメントを頂いた後で、ご使用後には次のようなコメントを頂きました。

----------------------------------------------------------------------------

小物を作るのに Z 型は大変良くかなり力を加えても胴の部分のたわみも少なく その状態で衝撃を加えても外れることもなく
これはほかのPIHERのものもほぼ同じでした。
かなり前の話ですが、

サンキで出しているフラットバータイプのクランプを使ったことがありましたが圧を加えた状態で
衝撃を与えると外れてしまい使い物にならなかったことがありまし
たが
今回頂いたすべてのクランプが衝撃で緩むことがなく
クランプ自体の性能は、ベッセイを上回っています。
欠点と言えば重いことと最近見慣れないデザインだという事でしょ
う。ベッセイが日本に入る前は、PIHERのようなフラットバータイプの
クランプが主流でしたが性能が悪くベッセイのデザインタイプに一
掃されてしまいました。
PIHER のクランプは、
昔のイメージを思い起こさせるものでしたが昔のフラットバータイプとは
性能が違いすぎるくらい違います。
本当のプロが使う良い品ものです 今までで一番良いように思います。
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
 
今回、佐野さんは、今回本業の船の仕事ではなく、自転車作りにご使用頂いた場合の感想を下さいました。
次回は、船作りの際の感想をぜひ、伺いたいと思っています。
 
上記の佐野さんの感想で、ベッセイのクランプを上回っていると評価頂いたことは、工具を販売するものとして、本当に嬉しく感じました。
 
佐野さんのご感想は、次回の店長日記にも紹介させて頂きます。

先日、東京出張の際に当店のピエール クランプのプロモーションの為に、木造艇を作られている佐野末四郎さんに会いに行ってきました。

佐野末四郎さんは、江戸時代から八代続く佐野造船所のお生まれで、13歳から木造艇を作り続け、その技術の確かさ・素晴らしさは、米国 Wooden Boat誌から「SANOMAGIC」の称号を与えられるほどです。
現在まで世界各国から佐野さんの工場を訪れる方々が後を絶たず、日本のみならず世界にその技術が紹介されています。
近年、佐野さんは木造自転車を作られるようになり、世界中のバイク愛好家からの注文で数年先まで予約が一杯になっておられるようです。

私は、「船作りには、クランプがつきもの」と思い、今回思い切って、ピエールクランプの営業で、佐野さんの工場を訪問したのですが、思いがけず、佐野さんに木造艇建造のこと、オランダでの留学中のお話、日本で常々感じておられることなど、お話を伺うことができ、良い時間を持たせて頂きました。
ピエール クランプも今回初めて、見本品を持って行きましたが、その場で少し試してみて品質の良さを知って頂き、今後使うことを検討して頂けそうです。

佐野さんについては、HPをご覧ください

先日、ピエールクランプをお買い上げ頂いた滋賀県のF様から次のような商品についての感想を頂きました。

素晴らしい。すばらしい!!
先程、受け取りました。
品質、価格、満足です、とりこになりそうです!!
有難うございます、良い作品創ります!!


お買い上げ頂いたお客様は、プロの職人さんが多いのですが、このように絶賛に近い評価を頂くことがあります。

このように、日本国中にピエールクランプを良さを知って下さる方がさらに増えることを願っています。

マキシ シリーズ 好評販売中です。

スペイン ピエール社のクランプ販売を始めて(日本初!)半年近くになります。
最近、段々とお客様に商品の良さをご理解頂けるようになり、とても嬉しいです。

特にマキシ シリーズはその使いやすさと価格の安さに喜んで頂いています。
一度お買い上げ頂いたお客様は、二回目に複数本、まとめてお買い上げ頂くことも増えています。
段々と在庫切れが出てきていますが、次回の入荷は、来年春までにできれば良いなと思っています。

船便にて入荷しますので、経費の関係ですぐには入荷できませんが、段々と品数を増やしていきたいです。
スペインのピエール本社とも連携してカンパリます

もうすぐピエール社から日本語カタログ(日本語翻訳版)がクーリエで届きますので、クランプをお買い上げ頂いたお客様には商品と同梱包させて頂く予定です。

ネットショップ 「ホビースィングズ」&「ピエール」&ヤフーショッピングストア「ホビースィングズ」の店長 佐藤 弘美 です。

盆を過ぎても、暑い日が続いています。

さて、今回は大阪府豊能郡能勢町の「株式会社 谷尾」様の製作現場でピエールクランプをご使用頂いている様子を紹介致します。

 

この秋の祭に使用されるだんじりの太鼓を乗せる部分の製作です。 F120のクランプを使用していますが、だんじり自体が非常に大きいので、クランプが小さく見えます。
本体にキズをつけては、いけないので、当て木をつけて締めています。
各クランプのバーは、湾曲していますが、程よいスプリング効果で締めあげています。クランプをはずせば、この湾曲は元に戻ります。 むくの木材を使用した重厚な作品です。

「株式会社 谷尾」様は、大阪府優秀技能者表彰(なにわの名工)受賞されたこともあり、その作品は日本の伝統を伝え、見る人に感動を与える素晴らしいものです。
製作現場でピエール クランプをお使い頂けることは、大変光栄なことだと感謝しています。

さて、その「株式会社 谷尾」さまの会社を訪問させて頂きましたので、そのレポートはこちらからご覧ください

今週水曜日に、第二弾のコンテナ輸入を無事果たし、ピエール社クランプ・その他新商品を入荷致しました。
これまで販売していなかった新商品をカタログを見てご予約頂いていたお客様に、発送準備も始めています。

これから、新商品を出品していきます。
今回入ってきた、ディスプレイスタンドをエントランスに展示しました。

いつも、ご覧頂き有難うございます。
今日の店長日記のタイトルは、ちょっと過激!ですよね

これは、ピエール社クランプについての、私達の思いです。
昨日もピエールクラブをお買い上げ頂いたお客様から、使い心地の素晴らしさについて、コメントを頂きました。

--------------------------------------

件名 : 使いやすさ抜群です
マキシプレス 大変気に入ってます。ハンドルの握り心地も良く 回した時のググッとよくしまる感触がとてもいいです。職場の人たちの評判も良く、使いやすさと、何と言っても価格に驚いていました。

---------------------------------------------------------------------------------------

現在は、初回仕入れで日本初紹介ということで、価格が通常価格より、いくらか割安となっています。
まもなく、価格が通常の価格になる予定ですので、どうぞ今の機会に、お買い上げ下さいませ!

先日、ピエールクランプをお買い上げのお客様から直接、お電話で商品についてのお問い合わせを頂きました。
そのお客様は、なんとピエールクランプを以前からお持ちだったということです!
当店では「日本初上陸!」と謳っていますので、「あれー???どうして」と思いきや、実はスペインに行かれた際に、街の金物屋さんで入手されたとのこと、納得致しました。

ピエール社クランプは、スペインではかなりのシェアを持つ定評のある老舗であるので、街の金物屋さんでも、普通に購入できる大変ポピュラーなものなのです。
 

そのお客様は、今回のお買い上げ以外にも、当店が今まだ販売していなくて、次回入荷より販売予定の型番のクランプをお探しということで、次回の入荷時には、連絡を差し上げることになりました。

今回のお客さまも、ピエールクランプの良さについて、「ちょうど良い使い心地」、「他では中々ありそうでない商品」、「売れる商品」と高い評価を頂きました。

先日、カーテンを洗濯する為に、ダイニングテーブルの上に乗って、カーテンを外そうとしたら、ガタッと音がして、なんとテーブルの一部がくぼんでしまいました

このテーブルはエクステンドテーブルで、テーブルの長さを引き延ばせるようになっているのですが、私はその引き延ばしの境目の一番弱いところに、私の立派な(?)体重の負担をかけてしまったようです。

そのため、主人が、ピエール クランプで修理をしてくれました。
持つべきものは、ピエール クランプ!
お陰で修理の後は、元通りのダイニングテーブルの姿に復活致しました。

当店はスペイン ピエール社のクランプを日本で初めて紹介し販売をしていますが、お買い上げ頂いたお客様から、ご使用後の絶賛!ともいえる評価を頂いています。詳しくは、トップページをご参照くださいませ!

さて、この春にピエール社クランプの少々手荒い(笑)テストを行いました。
写真のように、一枚の木材の上にスタッフを乗せて、強度の実験を行いました。
クランプは重さを支えるために、少々反っていますが、このテスト終了時にクランプを外すと、元の姿にすぐに戻りました。
つまり、クランプに使われている鋼鉄の超耐性と柔軟性を物語っていると思います。

スペイン本社のマネージャーにこの写真を見せたところ、ピエール社クランプの品質の高さからは、自明であると即答されました。

さて、スペイン ピエール社の会社の様子やスタッフについて、まもなく写真やコメントを紹介させて頂く予定です。
お楽しみに!

ピエール クランプの販売を開始致しました。

このたび、木工・鉄工用のクランプの販売を始めました。
ブランド名は、PIHER (ピエール)と申します。

このクランプは、ヨーロッパでは、ベッセイと並ぶメジャーなブランドです。
すでに販売したお客様からも、良い商品であるとのお褒めの言葉も頂いております。

スペインからの輸入品で、まだ商品の品数は豊富とは言えませんが、今後、徐々に製品ラインを充実させていく予定です。
非常に良い商品ですので、一度手にとって使用して頂ければ、ご納得頂けると思います。
今後とも、ご愛顧お願い致します。