ピエール マキシクランプ  使用例  スピーカーボックスの組立

写真をご覧ください。

スピーカーボックスを組み立てているのですが、3本のクランプで締めています。実はすべて斜めに締めています。

一番よく締まる平行な対象物を締めているわけではありません。この作業は、他社のクランプでは難しいのです。

ピエールクランプが斜め締めが、可能な理由は、ピストンが直進して対象物に対して滑らないからです。

他社のクランプの場合、挟む部分がしっかりと対象物をグリップすることが出来ず、締めることが出来ないのです。